LINE予約

face line

フェイスラインを引き締め、小顔美人へ

綺麗なフェイスラインの女性

美しいフェイスラインと小顔は、女性にとって永遠の憧れなのではないでしょうか?

しかし、加齢をはじめとしたさまざまな原因でフェイスラインは徐々に崩れやすくなります。


「年のせいだから仕方ない」「生まれつきの顔だからどうしようもない」と

諦めている方は多いかもしれません。

しかし、原因に沿ったケアが行えれば、フェイスラインのもたつきを改善し、

現在よりも小顔にしていくことは十分に可能となっています。


こちらのページでは、フェイスラインがもたつく原因や

日常で行える対処法、予防法をご紹介しています。

すぐに効果が出るものではありませんが、小顔ケアを継続することで、

理想のフェイスラインを手に入れましょう。

contents

    trouble

    • たるみで顔が大きくみえる

    • 顔のたるみが目立つ

    • フェイスラインを綺麗にしたい

    • エラが張って顔が四角くみえる

    • 顔のたるみを予防したい

    • たるみで疲れた印象になる

    symptoms

    フェイスラインにより、顔の印象が大きく変わるといわれています。

    現在あるお顔の悩みも、フェイスラインを意識することで、

    改善を目指せるかもしれません。

    適切なケアを行えるよう、フェイスラインの重要性や

    もたつきが起こる原因をこちらでみていきましょう。

    顔のケアを心がけている女性

    小顔・フェイスラインの特徴

    フェイスラインは顔の輪郭のことです。

    髪の生え際からこめかみ、頰、顎の先に沿って、一周囲うようなラインを描いています。

    理想的なフェイスライン

    正面からみた際のフェイスラインは、こめかみから頬、顎の先までのラインを一般的に指します。

    顎と首との境界がはっきりとしており、全体的に卵のような自然な丸みをもったフェイスラインが理想といわれています。

    フェイスラインの重要性

    フェイスラインは、顔の大きさや、周りの方に与える印象を大きく左右する箇所になります。

    例えば、顎がたるんでいる状態では、実際に太っているわけではないのに顔が大きくみえてしまいます。

    また、顔まわりの皮膚が垂れ下がっていると、実年齢よりも老けてみられたり、不機嫌な印象を与えたりする場合もあります。


    反対に理想のフェイスラインを手に入れると、顔全体を美しくみせることができるでしょう。

    「若々しい」「いきいきとしている」「自信がありそう」など、周りの方に好印象を持たれやすくなります。

    フェイスラインのお悩み

    フェイスラインの崩れから起こる顔のお悩みには、例えば次のようなものがあります。


    ・エラ張り

    ・頰のふくらみ

    ・たるみ(たるみ毛穴)

    ・二重アゴ

    ・ほうれい線

    など


    上記に挙げたお悩みがなぜ起こるのか、原因は下記にて詳しくご紹介いたします。

    Cause

    フェイスラインがもたついてしまう原因には、次のようなものが考えられています。

    肌のたるみを手鏡で確認している女性

    あごのラインのたるみ

    お肌が重力に負けて垂れ下がった状態を「たるみ」と呼んでいます。

    一口にたるみといっても、さまざまな要因が挙げられます。


    加齢

    加齢にともないコラーゲンの生成が減少すると、お肌の潤いハリが失われてたるみが生じやすくなります。


    表情筋の低下

    表情筋とは、目や鼻、口、頰などを動かし、表情を作るための筋肉になります。

    表情筋が衰えると、頰や顎の皮膚を持ち上げる力が弱まり、肌がたるみやすくなるといわれています。


    脂肪の増加

    顔まわりの皮下脂肪が増加すると、重みによって肌が垂れ下がる場合があります。

    皮下脂肪が増える原因には、運動不足カロリーの過剰摂取加齢にともなう代謝の低下などが考えられています。

    あごのたるみに悩む女性

    むくみ

    むくみとは、皮膚の下の細胞間に余計な水分がたまった状態をいいます。

    顔がむくむ原因には、次のものが挙げられます。


    水分不足

    体内の水分は、血液やリンパ液として身体の中を巡り、老廃物とともに尿や汗によって体外に排出されています。

    しかし、水分の摂取量が少ないと上記の流れが停滞し、体内に水分が残ることでむくみやすくなってしまいます。


    塩分のとりすぎ

    塩分を過剰摂取していると、体内の塩分濃度を一定に保つために水分を体内に溜め込むといわれています。

    エラを気にする女性

    エラ張り

    咬筋が発達することでエラが張り、顔の大きさにつながる場合があります。

    咬筋はエラのあたりにある、ものを噛むときに働く筋肉で、食いしばり歯ぎしりにより過剰に発達することが考えられています。

    RECOMMEND

    次の症状が当てはまる方は「鍼灸メニュー」「整体メニュー」へ

    • 顎のラインがたるんでいる

    • 頰の肉が下がり、シワも目立つ

    • エラの張りが気になる

    • 顔がむくんで腫れぼったい

    APPROACH

    綺麗なフェイスラインを目指すには、

    顔まわりのたるみやむくみなどを改善することが必要となります。


    原因を考慮に入れて、

    こちらではフェイスラインのお悩みを解決するための対処法をご紹介します。

    また、普段から予防も行っておくことで、

    フェイスラインの崩れを生まないようにしっかりケアしておきましょう。

    01

    美容鍼灸

    美容鍼灸は、美容を目的として全身に行われる鍼灸施術になります。

    全身のツボ刺激によって血液、リンパ液の流れを促進したり、表情筋の緊張をゆるめたりして、むくみやたるみの改善を目指します。

    肌の内部まで働きかけて美容効果を促すため、反応が素早く出やすく、かつ効果が持続しやすいことが美容鍼灸の大きなメリットとなっています。

    02

    リンパを流す

    顔まわりのリンパを流して、むくみを解消すると、フェイスラインのもたつきが改善されやすくなります。

    自身で行えるリンパの流し方は次の通りです。


    ①指の腹を使って、顔(額、目のまわり、頰、顎)の中心から耳の前あたりに向けてまず5回流します。

    ②そして耳の下から首筋を通り、鎖骨までなでるようにして5回リンパを流してください。


    上記のマッサージを顔の片側ずつ行いましょう。

    03

    メイクやヘアスタイルの工夫

    髪型やメイクを変えるだけで、小顔にみせることができます。

    鍼灸やマッサージはある程度の時間が必要ですが、ヘアスタイルやメイクはすぐに効果を出せるという利点があります。

    メイクでは、鼻筋や頰など浮かび上がらせたい箇所は明るめに、フェイスライン付近は暗めのメイクをすることで、小顔効果を期待できるといわれています。

    また、ヘアスタイルについては輪郭に個人差がありますので、自身にあった髪型を美容師に相談してみると良いでしょう。

    04

    美容医療

    セルフケアでの改善がむずかしい場合は、美容医療に頼る選択肢もあります。

    ヒアルロン酸の注射脂肪吸引、糸によるリフトアップなどで、フェイスラインをスッキリできる場合があります。

    美容医療は、期待できる効果や費用などをしっかりと理解したうえで受けるようにお気をつけください。

    PREVENTION

    普段から次の予防を行い、

    もたつきの少ないフェイスラインを保っていきましょう。

    01

    表情筋のトレーニング

    「あいうえお」といいながら口を大きく動かし、表情筋を鍛えることでリフトアップ効果を狙えます。

    また、フェイスラインのたるみを防ぐためには、普段の会話も意識的に口を大きく動かし、表情筋の衰えを予防しておくと良いでしょう。

    02

    マッサージ

    対処法でご紹介したリンパマッサージは、予防として継続して行ってください。

    加えて、頭皮のマッサージも顔まわりの血液、リンパの流れを促し、むくみの軽減につながるといわれています。

    指の腹を当て、頭皮を動かすようなイメージで頭全体をやさしくほぐしていきましょう。

    03

    ストレッチ

    顔まわりのリンパは、耳の下から首の前側、鎖骨へと向かって流れています。

    筋肉が硬くなっているとそれらの流れが滞り、フェイスラインがむくみやすくなるため、ストレッチで柔軟性を維持しておくことが大切です。

    次のようなストレッチが有効といわれています。


    ①鎖骨を手で軽く押さえ、顎と鎖骨の間を広げるように頭部を倒す

    ②壁に手をつき、胸を広げるようにする


    呼吸をしながら30秒ほどかけてゆっくり筋肉を伸ばしていきましょう。

    Q&A

    Q

    フェイスラインは顔のどの部位を指しますか?

    A

    一般的には、髪の生え際からこめかみ、頰、顎の先まで一周したラインを指します。

    Q

    フェイスラインがもたつく原因は何がありますか?

    A

    加齢やむくみ、表情筋の低下、紫外線、スキンケア不足、歯ぎしりなどさまざまな原因が考えられています。

    Q

    どのようなフェイスラインが理想ですか?

    A

    頬や顎が骨のラインに沿って引き締まっており、U字や緩やかなV字の曲線を描いている状態が理想のフェイスラインとされています。

    Q

    接骨院・整骨院におけるフェイスラインへの施術内容を教えてください。

    A

    美容のお悩みには、顔ツボに鍼を刺していく美容鍼がよく用いられています。

    また、必要があれば、全身を施術する場合もあります。

    Q

    小顔・フェイスラインの施術期間はどれくらいですか?

    A

    2.3ヶ月ほど継続していただくと、効果が持続しやすくなっています。

    しかし、年齢や体質、生活習慣などにより期間は前後する場合もあります。

    Q

    小顔になるためにはどのようなケアを行えば良いですか?

    A

    顔まわりのリンパを流すようなセルフマッサージが有効といわれています。

    Q

    接骨院・整骨院の施術に保険は使えますか?

    A

    ケガの発症の仕方や状態によって異なるため、詳しくはご相談ください。

    Q

    フェイスラインの崩れを予防するためにはどうすれば良いですか?

    A

    顔の筋肉を動かす、表情筋のトレーニングが有効といわれています。

    また、ストレッチやマッサージで首肩まわりのコリをほぐしておくと、顔のむくみの予防につながります。

    Q

    美容鍼灸は痛くありませんか?

    A

    鍼は髪の毛程度の太さであり、かつ先端は丸みを帯びていますので、刺したときの痛みは少なくなっています。

    Q

    ケガや痛みがなくても接骨院・整骨院は利用できますか?

    A

    はい。

    ケガ以外の身体の悩みにも対応しております。

    お気軽にご相談ください。

    author

    からだ接骨院 宝塚安倉院 院長

    西川 廉太 (Renta Nishikawa)

    資格

    ・鍼師

    ・灸師

    経歴

    ・2011年

    関西医療大学 入学

    ・2015年

    関西医療大学 卒業

    ・2015年

    株式会社Rieden 入社

    メッセージ

    来て下さる患者様の症状の改善に全力を尽くします!

    Features

    POINT 01

    最新治療機器の導入や、スタッフ一同が技術向上のために定期的な勉強会を開催しています。

    お客様にとって最高の接骨院を目指すため、日々精進しております。

    POINT 02

    施術を始める前に入念に検査・カウンセリングを行い、患者様が悩まれている症状をしっかりと把握していきます。

    それを踏まえて、一人ひとりに合った最適な施術プランをご提案いたします。

    POINT 03

    お客様の症状や身体のことについて丁寧かつわかりやすく解説いたします。

    再発しないための予防策など、アフターケアもお任せください。

    POINT 04

    「からだ接骨院 宝塚安倉院」では大人気の「楽トレ」を完備しております。

    リハビリやケガの予防、美容、インナーマッスルを鍛えたいお客様に大変ご好評をいただいております。

    POINT 05

    予約優先制なので、ほとんど待ち時間なく施術へご案内いたします。

    POINT 06

    ベビーベッドを完備しているため、小さなお子様連れのお客様にも安心してご来店いただけます。

    受付スタッフがお子様のお世話をいたします。

    POINT 07

    清潔感を常に意識しております。

    快適に気持ちよくご利用していただくため、お客様目線で店内の隅々まで目を光らせております。

    Karada Sekkotsuin
    Takarazukaakurain

    img1
    住所

    〒665-0823
    宝塚市安倉南1丁目24−1

    最寄駅

    宝塚ICより車で4分
    JR中山寺駅より徒歩20分
    宝塚線中山観音駅より徒歩30分

    駐車場

    7台完備

    受付時間
    10:00~20:00

    ▲10:00~18:00

    CONTACT

    電話でのお問い合わせ

    0797-97-2396
    平 日:10:00~20:00
    土曜日:10:00~18:00
    休診日:日曜日

    〒665-0823
    兵庫県宝塚市安倉南1丁目24−1

    24時間ご予約可能!

    からだ接骨院宝塚安倉院公式LINE

    TOP