からだ整骨院宝塚安倉院
MENU

食欲について

食欲について

電話番号兵庫県宝塚市安倉南1-24-1

食欲について

こんにちは( ◠‿◠ ) 

からだ整骨院安倉院です🌸

 

台風も過ぎ去り過ごしやすい気温になってきましたね!

秋ももうすぐ!ということで、

秋といえば「食欲の秋」ですね( ◠‿◠ ) 

そもそもなんで秋になるとお腹がすくのでしょうか?

「ただ単に食べ物がおいしくなるから、食いしん坊になるだけじゃないの?」 いえいえ、実は『食欲の秋』にはちゃんとした理由があるんですよ。

① 夏バテと食欲の秋

今年の夏は特に暑さが厳しかったので、夏バテをしてしまい、食欲がなくなってしまった方も多かったのではないでしょうか。

あっさりとした麺類や野菜サラダばかり食べていた体はすっかり栄養不足になってしまっています。すると体の中で防衛本能が働き、バテてしまった体の体調を取り戻そうとします。

秋になって涼しくなると、夏に不足してしまった栄養素を補うために自然と食欲がアップしてしまうのです。

② 冬眠するクマと同じ?動物としての本能

秋になると『クマが山を降りてきて畑を荒らした・・・』なんてニュースをよく目にするようになりますよね。これは、冬眠に備えてひたすら食べるために人間の食べ物を目当てにやってきてしまったから。

実は、わたしたちもクマと同じで『冬に備えて脂肪を貯め込もうとする』という本能が残っています。

寒い冬を乗り切るために体に脂肪を貯めこもうとして食べてしまうということなんです。

③セロトニンと日照時間

『セロトニン』は、精神の安定をもたらす脳内の神経伝達物質で、睡眠の質をアップさせる働きや、満腹感を感じやすくさせて、食欲を抑制する働きも持っています。

セロトニンの分泌量は『日照時間』に大きく関わっており、日の光をしっかりあびるほど増えることが分かっています。

夏に比べて日照時間が短くなってくる秋になると、セロトニンの分泌量が低下し満腹感を感じにくくさせてしまいます。だから秋は夏に比べて食欲が増してしまうのですね。

④食欲の秋と基礎代謝の関係

基礎代謝とは、わたしたちが生きていくために心臓を動かす、呼吸をするなど寝ていても使っているエネルギーのこと。

わたしたちの体温は、年中一定に保たれています。夏だから体温が高くなったり、冬だから体温が低くなったりはしませんよね。この体温を調整してくれているのが『基礎代謝』。

夏に比べて冬は気温が低くなるので、体温を上げようとして基礎代謝が高くなる…ということ。基礎代謝を上げるためにはエネルギーがいりますので、その分を補給しようとして食欲が増してしまうというワケですね(^^)/

 

もちろん、『食欲の秋』だと言われる理由はこれだけではなくて、ごはんがおいしくなってついつい食べ過ぎてしまうことも原因のひとつだと思います。だって、これだけおいしいものが増えてくるこの季節、楽しまないともったいないと思います( ˘•ω•˘ )

というわけで、今年もしっかり『食欲の秋』を楽しみましょう(^_-)-☆!!

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

からだ整骨院宝塚安倉院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • 予約優先制

  • 【土曜日】10:00〜17:00
  • 【定休日】日曜日
営業時間
10:00〜20:00 17時まで